診療メニュー
  • 一般内科
  • 漢方内科
  • 漢方小児科
  • 漢方婦人科
  • 訪問診療
  • 健康診断・予防接種
  • リンク集
  • 携帯サイト
  • 患者の気持ち
よくあるご質問
メタボリックシンドロームとは
日本人の3大死因は、がん・脳卒中・心臓病です。
その内、心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は、「動脈硬化」です。
「動脈硬化」を引き起こす危険因子としては、コレステロールが知られていますが、最近の研究で肥満(特に内臓のまわりに脂肪が蓄積した内臓肥満)が様々な生活習慣病を引き起こし、「動脈硬化」の要因であることがわかってきました。
内臓に脂肪が蓄積し、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすい状態が、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」です。

これらの病気はお互いが密接に関係して発生しています。
数多く合併するほど「動脈硬化」を進行させ、心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患を起こしやすくなります。
ご自身が、「メタボリックシンドローム」なのか、その予備軍なのかを早期に把握することが非常に大切です。

血圧が高いといわれたのですが、放置しておいても大丈夫ですか?
「血圧が高い」と言われても、自覚症状もないためになかなか受診されない患者様は実は多くおられます。
液体である血液を体のすみずみに送るためのポンプが心臓であり、送るためのホースが動脈です。
ホースの中でどのくらいの水圧がかかっているかを表したのが、いわゆる「血圧」です。 「血圧が高い」ということは 、肥満などにより1回の心拍動で送り出さなければならない血液量が増えてしまっていたり、 動脈が硬くなったり詰まり気味になってしまっているということを意味しているのです。

また血液自体がドロドロになってしまうような高脂血症や糖尿病でも高血圧は起こりやすくなります。
高い圧を出さなければならないポンプ(心臓)は当然早く痛んでしまいます。
また心不全の原因になり、高い圧を受けた血管も早く傷みます。
傷んだホース(動脈)に高い圧が加われば、亀裂が入って血が漏れてしまいます。
その亀裂が脳で起これば脳出血(脳卒中)となるのです。

以上のことからも高血圧は放置しておかずに、早めにかかりつけ医の受診を受けられることをお勧めします。

高血圧治療のポイントは?
高血圧治療の基本は「生活習慣の改善」です。食事や運動療法に加え、禁煙やストレス解消をこころがけましょう。
それでも血圧が高い場合には、降圧剤による治療を開始することとなります。
降圧薬を服用していても、生活習慣の改善は続けなければなりません。
糖尿病の原因は?
両親からの遺伝でインスリンがもともと出にくい体質をもつ先天的条件と、運動不足やカロリー・脂肪の過剰な摂取などの生活習慣の結果インスリンの働きが悪くなる後天的条件が組み合わさって発症します。
漢方薬で副作用はありますか?
副作用は少ないですが、全くないとは言えません。
副作用のほとんどは胃がムカムカしたり、お腹がゆるくなったりする軽いものですが、高齢者、内臓の疾患(特に肝硬変や腎不全)のある方、妊娠している女性、小児などでは副作用が強く出たりすることがまれにあります。
服用に対してはご自分で判断なさらずに、ご相談下さい。
漢方薬は現在服用している薬と一緒に服用できますか?
一部の薬と相互作用があります。
作用が弱まったり、副作用が強く出たりすることがありますので、他のお薬を服用されている方は必ず受診時にそのお薬をお知らせ下さい。
また、西洋薬は食後に服用するのが普通ですが、漢方薬は食前または食間に飲みます。
訪問診療とはなんですか?
寝たきりや体が不自由などの理由で、医療機関への通院が困難な患者さまを対象にお宅に定期的、計画的に訪問し診療を行うことです。
お気軽にご相談ください。